ねおでっど日記

間違いなくたぶん、個人の主観です

音楽

【ポップパンク】期待の新人、The FaimのPVをチェック

The Faim 僕はメロコア全盛期を通過していますので、ポップパンク系は今でも好きな音です。 特にFace To Faceのような、エモーショナルな一面を見せるバンドが大好物。 ということで、今宵紹介するのはオーストラリアの期待の新人、The Faim。 まずは最新のP…

【新世代インダストリアル】Rave the Reqviemの「The Gospel of Nil」が傑作である理由

Rave the Reqviem「The Gospel of Nil」★★★★★ 今宵はスウェーデン出身、ジャンル的にはインダストリアル・メタルに属する5人編成バンド、Rave the Reqviemをご紹介します。 まずは、PVの方からチェックしていきましょう。 一聴してCelldwellerを想起させるよ…

【蒙古襲来】フォークメタルの真打ち登場、Tengger Cavalryの圧倒的なモンゴル感!【HR/HM】

Tengger Cavalry「Cian Bi」★★★★☆ Tengger Cavalryは中国人コンポーザーNature Ganganbaigalが中心となってニューヨークで結成され、2010年に1stアルバム「Blood Sacrifice Shaman」にてデビュー。 続く2012年に2ndアルバム「Sunesu Cavalry」を発表、そこか…

【特集】Vocal Tranceの隠れた名曲を紹介してみる②【2010年代】

それではお約束通り、Vocal Trance特集の第2弾をお届けします。 今回は2010年代を中心に、出来るだけオーセンティックな雰囲気の楽曲をピックアップ。 記事の趣旨的にも、EDMっぽい歌モノはあえて外しております。 一応、トランス系の隠れた名曲を紹介する企…

【特集】Vocal Tranceの隠れた名曲を紹介してみる①【2000年代】

突然ですが、個人的に好きなVocal Tranceをまとめてみます。 時代的には2000年代中心に、まだEDMの影響下にない楽曲にスポットを当ててみたいと思いますが、僕も一応DJを名乗っておりますので、どうせならあまり有名ではない曲を中心に紹介したいところ。 そ…

【捨て曲なし】Plan Threeの新作「Wish I Was Stormborne」は北欧メロハーファンにも聴いて欲しい

Plan Three「Wish I Was Stormborne」★★★★★ 先日、スウェーデン出身の次世代HRバンドSmash Into Piecesを紹介したばかりですが、同郷で尚且つサウンドの志向も似ているPlan Threeというバンドもこの機会に取り上げておきたいと思います。 以前にも述べました…

【逸材】Smash Into Pieces、次世代HRの看板に偽りなし!

Smash Into Pieces「Rise & Shine」★★★★★ スウェーデン出身、メロディアスなHRを奏でるSmash Into Piecesの3作目。 5人組の彼らは2008年から活動を開始したものの、デビューアルバムの発表までは5年の歳月を要したという、ある意味で苦労人の印象もあります…

【名盤】Robert Milesの代表作は「23 AM」である

Robert Miles「23AM」★★★★★ 昨年、47歳という若さで亡くなったRobert Miles。 死因は転移性のがんということでしたが、本当にショックでした。 誰それ?という方も多いと思いますが、名曲「Children」はTOKIOの某番組でもヘビロテされていましたので、この曲…

【傑作】赤西仁の新作「Blessèd」のクオリティが高すぎてメシがウマい

赤西仁「Blessèd」★★★★★ 僕は好きなものを紹介するのが好きです。 アイドルでも何でも、そこに偏見は全くなくて、楽曲のセンスさえ良ければ素直に愛でるタイプです。 ということで、赤西仁の新譜。 これがもう傑作だと僕は思うんですね。 まずは音源チェック…

【Synthwave】聖なる夜に、Timecop1983のLoversをお召し上がりください

Timecop1983「Lovers, PT.1 & PT.2」★★★★★ オランダ南部の工業都市、アイントホーフェン出身のTimecop1983。 シンセウェイブ界隈でも注目のアーティストですが、今宵はクリスマスにぴったりなEPを紹介します。 まずは音源チェックから。 この「Lovers, PT.1…

【リマスター】ユニコーン、デビュー30周年リマスターがいい感じ!

ユニコーン「UC30 若返る勤労(完全生産限定盤)」★★★★☆ アラフォーな僕は、BOOWYからの~、ユニコーン世代です。 某NHKの番組でジュンスカとコラボした時の興奮は今でも鮮明に覚えています。 さて、そんなユニコーンの完全復活も記憶に新しいところですが、今…

【ドリームポップ】LA出身のSatchmode、1stアルバム「Love Hz」がエロい

Satchmode「Love Hz」★★★★★ 一体、LAで何が起こっているのでしょうか。 いや、これはアメリカ全体に言えることかもしれませんが、ここ数年、Lo-Fi系なインディーロックやシンセウェイブ、ドリームポップ勢の勢いが止まりません。 EDMというか派手なダンス系…

【Synthwave】The Midnightの新作がエモ過ぎて思わずエモ死するレベル

The Midnight「Nocturnal」★★★★★ 当ブログでも猛プッシュしているLAのアーティスト、The Midnightが新作を発表しました。 今回も感涙必至な80年代の郷愁感とモダン志向なシンセウェイブサウンドが大変心地良い作品となっております。 サイバーパンク感あふれ…

【フルオン】モーニングサイケの伝統を受け継ぐTropical Bleyageがニューアルバムをリリース!

Tropical Bleyage「Reality Drop」★★★★★ セルビア共和国の首都ベオグラード出身、モーニングサイケの代表格Tropical Bleyageが3作目となるアルバムを発表しました。 Perovic PavleとGraovic Markoによる2人組ユニットですが、その歴史はまだ浅く、デビューア…

【祝発売】DWNTWNのデビューアルバムは全てのインディーロックファンにオススメです

DWNTWN「Racing Time」★★★★★ 数年前から応援していたLAのインディーロックバンド、DWNTWNがついにデビューアルバムを発表! Amazonでは未だに誰も評価していませんが、ここはもう僕が応援するしかないという気持ちで記事にしたいと思います。 とりあえず、ど…

【夜に聴く】Day Waveのデビューアルバムが近年まれにみるNew Waveの傑作だった件

音楽と出会う瞬間って「一期一会」みたいなもので、要するにタイミングが大事だったりします。 例えば、昔はピンと来なかった音楽が、今ならストライクど真ん中、っていう現象も起きますよね。 僕はなるべくそういうタイミングを逃したくないので、音楽に対…

【新譜情報】ギリシャのDeep Tranceプロデューサー、Basil O'Glueが初のアルバムリリース!

こんにちわ、Deep Trance推進委員会代表のNEODEADです。 (端折りますが、Deep Tranceについては以前の記事を参照してください。) 本日はギリシャのBasil O'Glueが11/10に初のフルアルバムをリリースしていたのでご紹介。 Deep Trance好きの紳士淑女の皆様…

【豆知識】Marshmelloの楽曲は1.25倍速で聴くのがオススメ【BPM】

突然ですが、Youtubeって動画スピードを任意に変えられるのはご存知ですか? 詳しくはステータスバー右下の設定というボタンから操作します。 僕はよくこの動画スピードをいじって楽曲の最適なBPMを探ったりしてます。 で、ここ数年のEDMシーンてTrap系やFut…

【ULTRA JAPAN】注目アーティストその3「Steve Angello」

さて、今年のULTRA JAPAN、DJ陣で注目したいのはもちろんCarl Cox、と言いたいところですが僕的にはSteve Angelloのプレイに期待しています。 彼はこれまで様々な問題提起をシーンに投げかけてきました。 ちょうど1年前のインタビュー記事ですが、いくつか発…

【ULTRA JAPAN】注目アーティストその2「Pendulum」

前回Empire Of The Sunを取り上げたので今回はPendulumです。 2011年に活動休止したバンドですが、2015年のUMFで復活しました。 まずは代表曲を復習しておきましょう。 Slam ペンデュラム ダンス ¥250 provided courtesy of iTunes 9,000 Miles ペンデュラム…

【ULTRA JAPAN】注目アーティストその1「Empire Of The Sun」

9月に開催されるULTRA JAPANですが、ぼちぼち注目アーティストを取り上げていきます。 まずは何と言っても初来日となるEmpire Of The Sun。 9月16日土曜日のLive Stageに登場します。しかもトリです。ハンパないです。 彼らについては4年前に記事にしました…

【Future Funk】80年代日本語ポップスをフィルターディスコで歴史を紡いだNight Tempo

突然ですが、近年、Future Funkというジャンルが生まれた模様です。 DJという手前、各方面にアンテナを貼っているつもりですが、紹介が少し遅れました。 元はVaporwaveというジャンルから派生しているようですが、このVaporwave自体が2010年代初頭を起源とし…

【朗報】Lovex、10周年記念アルバム「Dust Into Diamonds」がようやく国内流通!

Lovex「Dust Into Diamonds」★★★★★ フィンランドのタンペレ出身と言えば、Lovexであります。 エッヂの効いたハードロックにウエットな美旋律をちりばめ、HR/HM界隈はもちろん、PopsやRock方面からも幅広く支持を集める粋なバンドです。 当ブログでも過去に記…

【名盤】Trance史に燦然と輝くAbove & Beyondの傑作「Tri-State」を聴け!

Above & Beyond「Tri-State」★★★★★ Tranceクリエイター3人組、Above & Beyondのデビュー作にして最高傑作です。 例えばTranceを全く知らない方に対して、僕が必ずお勧めする作品の1つでもあります。 ユーフォリックな世界観をベースに、コンセプチュアルな内…

【日記】自殺はクソ

音楽ブログを掲げている以上、この話題はスルー出来ません。 今年5月にはクリス・コーネルの訃報もありましたが、日本では今回の方が話題になっているようです。 とはいえ。 まず最初にハッキリ言わせてもらいますが、 自殺はクソ です。 あえてその理由を2…

【音楽評論】「Deep HouseのTiestoが最高」という仮説を唱えてみる

V.A.「AFTR:HRS Mixed by Tiesto」★★★★☆ 突然ですが、TiestoがDeep House系のレーベルを立ち上げたのを覚えていますか? ちょうど昨年の春頃になりますが、AFTR:HRSというサブレーベルを発足させてます。 Tiestoと言えば、昔のファンならTrance系、今のファ…

【音楽評論】J-Popへの挑戦状を叩きつけた新生MONDO GROSSOの新譜が熱い

MONDO GROSSO「何度でも新しく生まれる」★★★★☆ 大沢さんが新譜を発表。 何とモングロ名義では14年ぶりです。 びっくりしました。 で、最初に確認しておきます。 大沢さん、ここ数年はDJ/プロデューサー業が主軸だったので、誤解している方がいるかもしれませ…

【まとめ】J-Pop系男性ソロボーカリスト黄金時代を振り返る

昨日、upした村上佳祐の記事。 楠瀬誠志郎を引き合いに出して王道ポップソングの重要性を説いたばかりですが、思えば男性ソロボーカリスト黄金時代というのがかつての日本にはありました。 要するに実力派のシンガーソングライターが雨後の筍のようにシーン…

【名曲】楠瀬誠志郎世代が感涙する傑作J-Pop「まもりたい~この両手の中~」村上佳佑

村上佳佑「まもりたい~この両手の中~」★★★★★ 僕が昨年の邦楽Tune of the Yearの記事で1位に推した曲。 まもりたい~この両手の中~ 村上佳佑 J-Pop ¥250 provided courtesy of iTunes 最近になって新しいPVが公開されていたので紹介します。 そして某テレビ番…

【提言】フェードアウトで曲を終わらすな!

タイトル通りです。 全く内容のない記事ですみません。 とにかく、昔からフェードアウトで終わる曲が苦手です。 特に気になるのはロック系、歌モノ系。 演者側には余韻を残す意図があってのことかもしれませんが、曲として締まらないし、「つづく」みたいな…