NEODEAD Official Blog

Cyberpunk DJ/Photographer, Galatea Production CEO

音楽レビュー

【Hard Rock】Smash Into Piecesの4作目「Evolver」が想定以上のクオリティ!

Smash Into Pieces「Evolver」★★★★★ 当ブログでもハードロック(以下、HR)好きにオススメしているSmash Into Piecesが最新作「Evolver」を発表しました。 前作「Rise And Shine」からまだ1年しか経っておらず、そのクオリティに一抹の不安がよぎりましたが…

【Rock】元JOURNEYのSteve Perry、24年ぶりの新作「Traces」は全方向マストバイの傑作!

Steve Perry「Traces」★★★★★ はじめに、Steve Perryと言われても誰?という方のために一応説明しますと、元JOURNEYのボーカルです。 アルティメット・ベスト~グレイテスト・ヒッツI&II アーティスト: ジャーニー 出版社/メーカー: SMJ 発売日: 2013/03/06 メ…

【Rock】3rdアルバム「Politics of Living」で完全に開花したKodalineのポップセンス

Kodaline「Politics of Living」★★★★★ アイルランド出身のポップロックバンド、Kodalineが3rdアルバムを発表。 当ブログでも前作については2015年に記事にしておりまして、以下に引用します。 前作「Coming Up for Air」では核となる楽曲が見当たらず、小粒…

【Pop】Youtube発、Against The Currentの新譜「Past Lives」がエモの塊!

Against The Current「Past Lives」★★★★☆ US出身、女性Vocalを擁した3人組トリオAgainst The Currentの新譜が到着。 2016年のデビューアルバム「In Our Bones」に続く2ndアルバムとなります。 その中身ですが、全編がエモいPopな楽曲で構成されており、とて…

【Rock】レニクラ新譜「Raise Vibration」が想定外に素晴らしい!

Lenny Kravitz「Raise Vibration」★★★★☆ レニクラにとって11作目となるアルバム「Raise Vibration」がリリースされました。 もうね、これめっちゃ良いです。 適度に脱力した感じもあって、尚更そのFunkyなノリが際立って素晴らしいんです。 特に「Low」の出…

【Synthwave】The Midnight史上、最もポップでエモい新作「Kids」発表!

Kids by The Midnight The Midnight「Kids」★★★★★ The Midnightの新作「Kids」がついに発売日を迎えました。 すでにチェック済みの方も多いかと思いますが、本作も極上のノスタルジアが展開されております。 とにかくこれはSynthwave好きのみならず、メロデ…

【解説】シンセウェイブが提唱する「もしかしたらあり得たかもしれない未来」【Synthwave】

当ブログでも増えてきたのがシンセウェイブ(以下、Synthwave)関連の記事。 管理人の趣味ってのもありますが、この辺で体系的に整理しておきたいと思います。 やや主観が入りますので「そういう考えもあるんだな」程度で流し読みして頂ければ幸いです。 (B…

【Synthwave】Northern Lightsが相変わらずエモいので新譜「Revival」も必聴です!

Northern Lights「Revival」★★★★☆ コンスタントに良質な楽曲をリリースしているNorthern Lightsは、そのキャリア含めてSynthwave界隈では多作なアーティストとしてちょっとした有名人かと思います。 中でも2016年に発表した「Nostalgia」というアルバムは本…

【EDM】デヴィッド・ゲッタの新譜「7 / セブン」が象徴するダンスミュージックの今

David Guetta「7」★★★★☆ 今年で52歳になるDavid Guetta(以下、親しみを込めてゲッタさん)が7枚目となるフルアルバムをリリース。 昨今のEDMシーンの火付け役とも言うべき存在ですし、その動向は常に注目を集めてきたとも言えます。 今回も2枚組のボリュー…

【Punk】Face to Face、初のアコースティックアルバムが極上エモくて大満足!

Face to Face「Hold Fast」★★★★★ 1990年代のメロコアブームにおいて、最もエモいと評判だったFace to Face。 大学生だった当時の僕も、彼らからは大きな影響を受けまして、ラバーソウルに黒レスポールというTrever Keith (Vo&Gu) の出で立ちは今でも色気があ…

【Dream Pop】The Sound of Arrows、6年ぶりの新譜が多幸感の塊

The Sound of Arrows「Stay Free」★★★★★ 2011年に「Into The Clouds」でドリームポップ及びシンセポップ界隈に衝撃を与えたスウェーデンの男性デュオ、The Sound of Arrowsが6年ぶりにNewアルバムを発表してました! 2017年秋にリリースされており、今頃にな…

【Djent】Widekの新作「Dream Reflection」のコズミック感

Widek「Dream Reflection」★★★★☆ 孤高のDjent職人、Widekが新作を発表。 傑作「Outside the Universe」からキープコンセプトな作風が続きますが、本作も安心安定の1作に仕上がっています。 まずは全曲試聴をどうぞ。 Djent系に属するサウンドですが、Widekの…

【Electric】Chicane待望のニューアルバム「The Place You Can't Remember, The Place You Can't Forget」について

Chicane「The Place You Can't Remember, The Place You Can't Forget」★★★★★ 2018年6月8日、Chicaneがニューアルバムを発表しました。 2014年の「The Whole Is Greater Than The Sum Of Its Parts」以来、4年ぶりです。 果たしてその気になる中身は、往年の…

【Synthwave】Michael OakleyのデビューEP「California」がエモったらしくて最高なんじゃ!

Michael Oakley「California」★★★★★ 今宵はUK出身のSynthwave系アーティスト、Michael Oakleyを紹介します。 音楽的にはThe MidnightやFM-84、そしてTimecop1983などエモい系のSynthwave群に属しますが、UK出身だけあって少しメランコリックな世界観が特徴的…

【Wave】Cardhouseのデビューアルバムが音楽史に残るぐらいの傑作だった件

Cardhouse「City Blur」★★★★★ UKのプログレッシブ&オルタナ系バンド「Anathema」のドラム&キーボード担当でもあるDaniel Cardosoが全編Waveなソロプロジェクト作品を発表。 これがもう、凄い。 言葉を失うぐらいに凄い作品です。 ElectronicとRockの垣根を…

【Synthwave】Timecop1983の新譜が四方八方にエモ散らかして優勝!

Timecop1983「Night Drive」★★★★★ 日本全国、いや世界各地にいるシンセウェイブ愛好家の皆さん、2018年度上半期のベストアルバムが今宵決定しましたのでお知らせいたします。 ということで、Timecop1983の新作が最高にエモくて、、、ぶっちぎりで優勝です! …

【Pop Punk】期待の新人、The FaimのPVをチェック

The Faim 僕はメロコア全盛期を通過していますので、ポップパンク系は今でも好きな音です。 特にFace To Faceのような、エモーショナルな一面を見せるバンドが大好物。 ということで、今宵紹介するのはオーストラリアの期待の新人、The Faim。 まずは最新のP…

【HR/HM】Rave the Reqviemの「The Gospel of Nil」が傑作である理由

Rave the Reqviem「The Gospel of Nil」★★★★★ 今宵はスウェーデン出身、ジャンル的にはインダストリアル・メタルに属する5人編成バンド、Rave the Reqviemをご紹介します。 まずは、PVの方からチェックしていきましょう。 一聴してCelldwellerを想起させるよ…

【HR/HM】フォークメタルの真打ち登場、Tengger Cavalryの圧倒的なモンゴル感!【HR/HM】

Tengger Cavalry「Cian Bi」★★★★☆ Tengger Cavalryは中国人コンポーザーNature Ganganbaigalが中心となってニューヨークで結成され、2010年に1stアルバム「Blood Sacrifice Shaman」にてデビュー。 続く2012年に2ndアルバム「Sunesu Cavalry」を発表、そこか…

【特集】Vocal Tranceの隠れた名曲を紹介してみる②【2010年代】

それではお約束通り、Vocal Trance特集の第2弾をお届けします。 今回は2010年代を中心に、出来るだけオーセンティックな雰囲気の楽曲をピックアップ。 記事の趣旨的にも、EDMっぽい歌モノはあえて外しております。 一応、トランス系の隠れた名曲を紹介する企…

【特集】Vocal Tranceの隠れた名曲を紹介してみる①【2000年代】

突然ですが、個人的に好きなVocal Tranceをまとめてみます。 時代的には2000年代中心に、まだEDMの影響下にない楽曲にスポットを当ててみたいと思いますが、僕も一応DJを名乗っておりますので、どうせならあまり有名ではない曲を中心に紹介したいところ。 そ…

【Hard Rock】Plan Threeの新作「Wish I Was Stormborne」は北欧メロハーファンにも聴いて欲しい

Plan Three「Wish I Was Stormborne」★★★★★ 先日、スウェーデン出身の次世代HRバンドSmash Into Piecesを紹介したばかりですが、同郷で尚且つサウンドの志向も似ているPlan Threeというバンドもこの機会に取り上げておきたいと思います。 以前にも述べました…

【Hard Rock】Smash Into Pieces、次世代HRの看板に偽りなし!

Smash Into Pieces「Rise & Shine」★★★★★ スウェーデン出身、メロディアスなHRを奏でるSmash Into Piecesの3作目。 5人組の彼らは2008年から活動を開始したものの、デビューアルバムの発表までは5年の歳月を要したという、ある意味で苦労人の印象もあります…

【Trance】Robert Milesの代表作は「23 AM」である

Robert Miles「23AM」★★★★★ 昨年、47歳という若さで亡くなったRobert Miles。 死因は転移性のがんということでしたが、本当にショックでした。 誰それ?という方も多いと思いますが、名曲「Children」はTOKIOの某番組でもヘビロテされていましたので、この曲…

【J-Pop】赤西仁の新作「Blessèd」のクオリティが高すぎてメシがウマい

赤西仁「Blessèd」★★★★★ 僕は好きなものを紹介するのが好きです。 アイドルでも何でも、そこに偏見は全くなくて、楽曲のセンスさえ良ければ素直に愛でるタイプです。 ということで、赤西仁の新譜。 これがもう傑作だと僕は思うんですね。 まずは音源チェック…

【Synthwave】聖なる夜に、Timecop1983のLoversをお召し上がりください

Timecop1983「Lovers, PT.1 & PT.2」★★★★★ オランダ南部の工業都市、アイントホーフェン出身のTimecop1983。 シンセウェイブ界隈でも注目のアーティストですが、今宵はクリスマスにぴったりなEPを紹介します。 まずは音源チェックから。 この「Lovers, PT.1…

【J-Rock】ユニコーン、デビュー30周年リマスターがいい感じ!

ユニコーン「UC30 若返る勤労(完全生産限定盤)」★★★★☆ アラフォーな僕は、BOOWYからの~、ユニコーン世代です。 某NHKの番組でジュンスカとコラボした時の興奮は今でも鮮明に覚えています。 さて、そんなユニコーンの完全復活も記憶に新しいところですが、今…

【Dream Pop】LA出身のSatchmode、1stアルバム「Love Hz」がエロい

Satchmode「Love Hz」★★★★★ 一体、LAで何が起こっているのでしょうか。 いや、これはアメリカ全体に言えることかもしれませんが、ここ数年、Lo-Fi系なインディーロックやシンセウェイブ、ドリームポップ勢の勢いが止まりません。 EDMというか派手なダンス系…

【Synthwave】The Midnightの新作がエモ過ぎて思わずエモ死するレベル

The Midnight「Nocturnal」★★★★★ 当ブログでも猛プッシュしているLAのアーティスト、The Midnightが新作を発表しました。 今回も感涙必至な80年代の郷愁感とモダン志向なシンセウェイブサウンドが大変心地良い作品となっております。 サイバーパンク感あふれ…

【Trance】モーニングサイケの伝統を受け継ぐTropical Bleyageがニューアルバムをリリース!

Tropical Bleyage「Reality Drop」★★★★★ セルビア共和国の首都ベオグラード出身、モーニングサイケの代表格Tropical Bleyageが3作目となるアルバムを発表しました。 Perovic PavleとGraovic Markoによる2人組ユニットですが、その歴史はまだ浅く、デビューア…