ねおでっど日記

間違いなくたぶん、個人の主観です

【登山】健脚向け!「大船山」までは長い道のり!

日程・天候

2013年5月25日(土曜日)快晴 

コース概要

長者原登山口(6:50)〜雨ヶ池(8:00)〜坊ガツル(8:40)〜大船山(10:20)〜法華院山荘(12:50)〜すがもり越(14:00)〜長者原登山口(15:20)

総移動距離:15km
総移動時間:8時間半

写真

朝の6時半ごろ、長者原に到着しました。
 
風もなく、天候は快晴です。
 
本日は大船山を目指します。
 
ひとまず坊ガツルまで行かなくてはなりません。雨ヶ池コース。
 
このコースは初めてですが、森林浴が期待出来そうな予感!
 
 
案の定、序盤から緑のシャワーです。
 
登山道も整備されていて歩きやすいです。
 
途中には新しめの階段も。人気のあるコースなんですね。
 
ミヤマキリシマ発見!今年は例年より早く咲いています。
 
歩き始めてちょうど1時間でこの位置です。
 
ここは雨ヶ池と呼ばれる場所。雨の日はもちろん、、、池ですね。
 
振り返ると指山、かな?結構崩落してます。
 
湿原のような場所なので昆虫やお花など、動植物も多いです。
 
ちょうどここから本日目指す大船山が奥に!遠過ぎませんか。。。
 
船をひっくり返したような形なので大船山とか?由来はどうあれ、良い響きだと思います。
 
雨ヶ池を過ぎると下り坂となります。緑が目に優しいです。
 
なんと石畳!先達のご苦労が目に浮かびます。
 
30分もすると急に視界が開けてきました。坊ガツル到着!
 
遠くにキャンプサイトが見えます。坊ガツルのキャンプ場です。
 
登山客が絵になる景色ですね。
 
日射しは強烈ですが、谷を抜ける風は涼しく、もはやこれだけでも満足w
 
近くには小川も。
 
8時40分、キャンプ場に到着しました。
 
まだまだ遠くに見える大船山を見ながらおにぎりモグモグ。
 
10分だけ休憩し、早速登山口から攻めるとします。左に行けば平治岳。
 
晴れた週末だけあって、登山客もちらほら見かけます。
 
序盤はやはり緑が多いです。
 
これは帰りに撮ったものですが、登山口からすぐは道が分かりにくいです。これを見ると右に行けばいいのかと思いますが、正解は左方向です。目印の赤テープがありますが、行きも帰りも迷っている方がいましたので一応。
 
さて、大船山の登山道ですが、予想以上にキツイです。
 
大小様々な岩がゴロゴロしており、約1時間ぐらいは展望もありませんでした。
 
赤川登山口からの雰囲気に凄く似てるなあと思いました。
 
山頂もようやく見えてきました。すでに人が!
 
近くで見ると独特な山容がよく分かります。Goodです。
 
休憩地点まで登ってきました。あともうすぐ!
 
久住山とは違って山頂まで緑に包まれているのが特徴的ですね。
 
10時40分、山頂に到着です。長者原から3時間半もかかりました。
 
とりあえず豆大福いっときます。奥は久住山系。
 

 

快晴なのですが、霞んでました。PM2.5?
 
今日の山頂は風もなく、過ごしやすかったです。
 
わりと高度感もあって気持ち良いです。

山頂の開花状況はこんな感じ。


この後は法華院山荘からすがもり越を経て長者原に戻る予定です。
 
それでは下山開始です。ちょっと嫌になるぐらい岩の砂利道で疲れます。
 
しかしこの季節は緑が多いので励まされます。
 
少し迷ったりもしながら、坊ガツルまで下りてきました。12時半。
 
法華院温泉山荘へ。その名の通り、温泉の出る山荘です。
 
休憩所で見知らぬおじさんと山の情報交換。
 
満開のミヤマキリシマを眺めつつ、、、
 
すがもり越へと出発です。この時点で疲労がピークに。
 
今度は宿泊、もしくはテントで休もうと本気で思った五月晴れの午後。
 
照りつける強い日射しの中、硫黄山が見えてきました。
 
もはやRPGの世界です。しかし暑い!
 
喉もすぐにカラカラに。ちなみに今日はプラティパスに2Lの水を入れてきました。
 
それでもこの時点で水はほとんどなくなりました。
 
午後2時、すがもり越に到着。
 
さて、少し三俣山に登りましょうか。
 
冗談です。嘘です。帰ります。登山口に直帰します。
 
しかし硫黄山はいつ見ても迫力があります。
 
硫黄山を過ぎてからが長いのですが、休憩なしで一気に下りることにしました。
 
三俣山も緑に変わって夏らしくなってきました。
 
正面奥に見えるのが登山口です。もうクタクタですが、座ると動けなくなるので進みます。
 
疲れた足取りでケガをしたくなかったので、林道を歩くことにしました。舗装路です。
 
この林道と登山道の下りる時間差は5分ぐらいだと思います。
 
15時20分、登山口まで無事に帰還しました。足が棒のようです。
 
前にも会った長者原の犬を発見!暑さをしのぐ方法を野生的直感で把握してましたw
 

感想

 
長者原登山口から大船山というのは健脚向けのようですが、なるほど、確かに疲れました。
原因の1つは大船山の登山道でしょうか。
予想以上にきつい道でした。
くじゅう連山では名物の黒土はさほど見当たらなかったのですが、こぶし大の石がゴロゴロと転がっておりまして、それが下山の時に石ごと滑ってしまうんですね。
思わずヒヤっとしたのは1度や2度ではありませんでした。
僕も大船山は初めてということもありまして、ペース配分が上手く出来ず、体力を奪われた格好です。
次はもう少し楽に登りたい気持ちもありますが、これからの暑い季節は結構苦労しそうですね。

それからミヤマキリシマですが、山頂はまだまだ3分咲き程度でした。
ただ、この天候でいけば今月末にも満開の見頃を迎えるのではないでしょうか。
普段は6月のイメージでしたが、今年は例年より早いようで、これは梅雨を避けることも出来るということですね。
来週あたりは平治岳も賑わっていることでしょう。