ねおでっど日記

間違いなくたぶん、個人の主観です

NEODEAD Live Mix TOKYO UPLIFTING @Flame (2016.2.26)

f:id:NEOspriggans:20160129222021j:plain

NEODEAD Live Mix TOKYO UPLIFTING @Flame (2016.2.26)

 

Tracklist

01. Free Tibet (Vini Vici Remix) by Hilight Tribe
02. Expender (Original Mix) by Vini Vici
03. Unleash (Alex Di Stefano Remix) by Sean Tyas
04. City Of Sound (Liquid Soul Remix) by Paul van Dyk, Jordan Suckley
05. I Am Your Shadow feat. Shannon Hurley (Solarstone Pure Mix) by Giuseppe Ottaviani, Shannon Hurley, Audiocells
06. How I See It (Original Mix) by Sun Project
07. Hostage (Original Mix) by 2nd Phase
08. Flying Kitten (Original Mix) by Bobina
09. Power of Acid (Original Mix) by Ranji
10. Lift Level (Original Mix) by Sun Project
11. Psychodelic Demons (Original Mix) by Andrew Wooden
12. Colorado (PTIV Edit) by RNX
13. Shivers feat. Susana (Alex M.O.R.P.H. Redlight Dub) by Armin van Buuren, Susana

 

アップリフティングなトランスにフォーカスしたクラブイベント、TOKYO UPLIFTINGが2/26に渋谷のFlame Tokyoで開幕。

私も立ち上げからレジデントとして関わることになり、DJのみならず、オーガナイズ的な視点も必要とされるため、最後まで気が抜けないイベントでもある。

 

このアップリフティングトランスという言葉、その音楽性については諸説あるものの、一般認識としてはやはり高速なBPMとともに疾走するシンセの美旋律などが特徴的ではないかと思う。

私の場合、1つのジャンルに固定化せずに、ある意味で拡大解釈しながらフロアを自然なトランス状態に持っていくのが昔からのポリシーでもある。

加えて、今回からサイバーパンクな衣装を着たコスプレイヤーとコラボすることにもなり、耳だけではなく視覚効果も意識して選曲することとなった。

 

その結果、上記のTracklistをご覧の通り、Psychedelic TranceとPure Tranceのクロスオーバーな展開が中心となった。

実はもう少しPsychedelic TranceやHard Technoが多めの選曲を考えていたのだが、フロアの反応を見て少し遠慮させてもらった。

また、次のDJがKen Plus Ichiroさんということもあり、定番のShiversで交代となった。

 

その後KEN-GEEくんがラストを担当、アンコール的にKen Plus Ichiroさんに締めてもらい、次回に繋がる良い流れで終わることが出来た。

この流れも序盤からKyoくん、Hecto Pascalくん、そしてRyoくんの選曲及び構成の賜物である。

 

また、VJ陣の映像演出、照明、そしてスタッフの動きや盛り上げ方も素晴らしく、これもイベント経験者が多いこともあり、しっかりとトランスイベントらしい空間プロデュースが出来たのではないかと思う。

 

最も素晴らしいのはお客さんで、全員が笑顔で楽しそうな雰囲気だったのは大きな収穫だった。

オーガナイズする側にとっては、これが次のイベントへの最大のモチベーションとなるからだ。

 

その次回開催については、また後日にお知らせしていきたい。

See you Next!