NEODEAD Official Blog

Cyberpunk DJ/Photographer, Galatea Production CEO

【特集】Vocal Tranceの隠れた名曲を紹介してみる①【2000年代】

突然ですが、個人的に好きなVocal Tranceをまとめてみます。

時代的には2000年代中心に、まだEDMの影響下にない楽曲にスポットを当ててみたいと思いますが、僕も一応DJを名乗っておりますので、どうせならあまり有名ではない曲を中心に紹介したいところ。

それでもある程度は有名曲も挟みながら紹介していきますので、どうぞお手柔らかにご覧頂けると幸いです。

それではどうぞ。(順不同です)

 

 

OceanLab - Beautiful Together (Radio Edit)

Oceanlabの正体は、皆さんご存知Above&Beyondですね。

この曲、Radio Editとなっておりますが、Oceanlabのアルバム「Sirens of the Sea」のシンガポール盤(2disc仕様)にしか収録されていません。

現在は入手困難となっており、僕も以前からずっと探しています。

Original Mixよりも出来が良いというか、もはや別物に仕上がっています。

Sirens of the Sea

Sirens of the Sea

 

Armin van Buuren feat. Susana - Shivers (ALEX M.O.R.P.H.'S RMX)

Arminの代表曲「Shivers」のALEX M.O.R.P.H.'S RMX(正式名称)です。

このRemixもレアといえばレアでして、現在はアナログでしか入手出来ないはず。

Alex M.O.R.P.H.'s Red Light Dubというversionが後にリリースされていますが、そちらとは微妙に仕様が異なります。

しかしこれ、Vocal Tranceの教科書みたいな構成ですね。

疾走感が素晴らしいです。

Shivers

Shivers

 

Lost Witness feat.Tiff Lacey -- Home (Mike Shiver's Catching Sun Remix)

Tranceあるあるですが、Homeというタイトルにはハズレがありません。

この曲もMike Shiverによる爽快感あふれるRemixとなっています。

上のようなドライブ映像にも合っていますよね。

Vocal Tranceは風景に馴染みやすいという利点もあると思います。

Home [12 inch Analog]

Home [12 inch Analog]

 

Chicane - Daylight (Original Mix)

Chicaneの歌モノは名曲が多いので悩みますが、僕はこれ推し。

「Easy To Assemble」というアルバムに収録されておりますが、このアルバム自体が正式にリリースされておりません。

確かリリース前に音源が流出して発売を取りやめたっていう事件を記憶しているのですが、違ってたらごめんなさい。

ちなみに今だとベスト盤などで聴くことが出来ます。

The Best of Chicane 1996-2009

The Best of Chicane 1996-2009

 

David West - Make U Mine (Original Vocal Mix)

Vocal Tranceって、女性Vocalのイメージがあると思います。

しかし、僕はなぜか男性Vocalが大好きでして。

このDavit Westの曲も、ブレイクでのウェットな哀愁感に心打たれます。

ただ、曲自体の音のバランスがあまり良くないので、ぜひマスタリングし直して欲しいと思います。

正直言って、もったいないです。

David West / Make U Mine

David West / Make U Mine

 

Andain - Beautiful Things (Gabriel And Dresdens Unplugged Mix)

ちょっと有名過ぎて紹介するのも畏れ多いですが、TiestoがまだTrance DJだった頃、彼自身もプレイしていた1曲。

元々、こういうDeep Houseっぽいのが好きなんですよね、彼。

Tranceに回帰して欲しいという気持ちはもうないけど、こういったDeep House系はレーベルも立ち上げていることですし、コンスタントにリリースして欲しいなと思っています。

Beautiful Things (Gabriel & Dresden's Unplugged Mix)

Beautiful Things (Gabriel & Dresden's Unplugged Mix)

 

Hiver & Hammer Feat. Javah - 5 Million Miles (Vocalized Club Mix)

少しマイナーな部類になるでしょうか。

Single Mixの方は歌が入ってないので単調ですが、歌が入るとご覧の通り、化けます。

ただ、現場では歌モノの使い方にも工夫が必要だと思っています。

歌詞などでどうしても雑念が入ってしまい、音に集中出来ないっていう側面もありますから。

DJ Flying Dutchman - Everlasting Love (Extended Mix)

こちらは少しポップな部類です。

その昔「K-Style」というイベントでTranceフロアを担当していた時代があるのですが、その時のMix CDに収録した曲でもあります。

しかしこれもやっぱり、現場ではほとんどプレイしなかった思い出。

K-STYLE GREATEST HITS 2000-2002

K-STYLE GREATEST HITS 2000-2002

  • アーティスト: オムニバス,シュアノー,ノーマン・DJ,2000:カナリアス,ザ・クレイジー・ドラマー,TKO,ザ・シュリンク,ウルトララバー,スペースコーン,イー・ウォック,DJ ハッシュ
  • 出版社/メーカー: FARM RECORDS
  • 発売日: 2002/06/19
  • メディア: CD
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る
 

Cyber X feat. Jody Watley - Waves of Love (Svenson & Gielen Vocal Mix)

ちょっと気分を変えて、泣く子も黙るサイバートランス系から1曲。

Svenson & GielenによるRemixが最高ですね。

Johan Gielen、今度来日する時はこういう曲もかけるんでしょうか?

Waves of Love

Waves of Love

 

Not Ferris – Love Is Alive (Harry Lemon Remix)

この曲、知ってる方は少ないと思いますが、Harry LemonによるRemixです。

この人、独特なグルーヴがあるので気に入ってました。

TranceがProgressive Houseとの融和を目指していた時期になるかもです。

僕の場合、こうしたジャンルの境界線上にある楽曲には、とてもお世話になったりします。

Morgan Page (ft. Lissie) - The Longest Road (Deadmau5 Remix)

Prog系の話になったので、こちらの有名曲も載せておきますね。

Deadmau5の知名度はこれで確定的になったような気がします。

そういえば彼は今年のEDC Japanに出演するそうで、REZZとの競演があるのか俄かに期待しちゃいますね。

(REZZの世界観は凄いです。)

The Longest Road (Deadmau5 Remix)

The Longest Road (Deadmau5 Remix)

 

Karen Overton - Your Loving Arms (Menno de Jong Durban Mix)

それではアップリフティング系に戻します。

こちらの曲はArminのRemixが有名ですが、僕はMenno好きなので。

彼が立ち上げたIntuition Recordingsのアナログは全部集めてました。

そこに所属していたJonas Steurが凄いんですよ。

当時、彼の楽曲はTiestoからサポートを受けるぐらい、良かったんです。

Your Loving Arms (Menno De Jong Durban '06 Mix)

Your Loving Arms (Menno De Jong Durban '06 Mix)

 

Ronski Speed feat Sir Adrian - Space we are (John O'Callaghan Remix)

(ちょっときりがないので、そろそろ切り上げます。)

これ、僕もいろんな現場でかけまくった曲ですが、一発目に持ってくるのもよし、最後を飾るのもよし、DJ的には使い勝手という面で大変ありがたい1曲でした。

さすがRonski、そしてJohnのRemixワークですね。

The Space We Are (John O'Callaghan Remix)

The Space We Are (John O'Callaghan Remix)

 

Dance Nation - Sunshine (2001 Wippenberg remix)

Wippenbergについては、日本でもファンが多いと思います。

特にRemixの手腕に評価が高い人で、この曲以外だとTukanの「Light A Rainbow」なんて最高だったりします。

Airheadzの「Stanley (here I am) 」も大変素晴らしい出来なので、興味ある方はぜひチェックして欲しいと思います。

Sunshine [Single-CD]

Sunshine [Single-CD]

 

The Thrillseekers - Dreaming Of You (Original Mix)

ラストに紹介するのはThe Thrillseekersの名曲。

TiestoのMix CDシリーズ「Magik」のvol.8(未発売)でも使用されています。

シンプルで地味な構成ですが、何年経過しても色褪せない良さがありますね。

この曲の場合、透明感あふれる女性Vocalがあることで、その世界観が引き締まって聴こえるのもポイント高いです。

Dreaming of You Pt 1

Dreaming of You Pt 1

 

以上、15曲を駆け足で紹介してみました。

どこが隠れた名曲だ?とお怒りの方には誠にお詫び申し上げます。

あくまでもTranceビギナー向けに書いたつもりですのでご容赦ください。

それではまた気が向いたときに、第二弾のVocal Trance特集(2010年代以降)をやりたいと思います。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

f:id:NEOspriggans:20180217210427j:plain