NEODEAD Official Blog

Cyberpunk DJ/Photographer, Galatea Production CEO

【Djent】Widekの新作「Dream Reflection」のコズミック感

Dream Reflection

Widek「Dream Reflection」★★★★☆

孤高のDjent職人、Widekが新作を発表。

傑作「Outside the Universe」からキープコンセプトな作風が続きますが、本作も安心安定の1作に仕上がっています。

まずは全曲試聴をどうぞ。

Djent系に属するサウンドですが、Widekの場合、アンビエントやシューゲイザーの要素を上手く取り入れることで、高品質なプログレッシブメタルに昇華させています。

特にギターインストという点でも、唯一無二といった独特の存在感を放っていますね。

(ポーランド出身というのもHR/HM界隈では珍しいこともありますが。)

僕もリリースのたびに記事にするほど、注目しているアーティストです。

過去作同様に本作もゲスト参加のミュージシャンが多く、”糞ヒキニート先輩”でお馴染みのSithu Ayeや、テクニカル系ギタリストのAdam Rafowitz、同じくテクニカル系でサトリアーニ寄りのStel Andre、それからボーカルとしてRicky Davenportなど、一見してバラエティ豊かな顔ぶれとなっております。

前述したようにキープコンセプトな内容ですが、楽曲製作におけるアレンジの幅は広がりを見せており、例えば「Substance」や「Fading Memories」のような8ビートな直球系はこれまでにあまりなかったものなので、マンネリ打破に一役買っている印象を受けました。

ただ、どうにも「Outside the Universe」の印象が強すぎて、インパクト不足に感じてしまうのは仕方のないところ。

本人もそれを分かった上で、Vocal入りの楽曲を収録したり、随所で工夫は見られるのですが。。。

(その歌モノ「False Paradise」の出来が今ひとつだったのが残念です。)

 

とはいえ、そのコズミックでメロウな世界観は健在です。

ギターインストに抵抗がなければ、ぜひこのアトモスフィアを味わって頂きたいですね。

Dream Reflection

Dream Reflection

 
Dream Reflection

Dream Reflection

  • Widek
  • メタル
  • ¥1500

f:id:NEOspriggans:20180616081940j:plain