NEODEAD Official Blog

Cyberpunk DJ/Photographer, Galatea Production CEO

【Punk】Face to Face、初のアコースティックアルバムが極上エモくて大満足!

Hold Fast (Acoustic Sessions)

Face to Face「Hold Fast」★★★★★

1990年代のメロコアブームにおいて、最もエモいと評判だったFace to Face。

大学生だった当時の僕も、彼らからは大きな影響を受けまして、ラバーソウルに黒レスポールというTrever Keith (Vo&Gu) の出で立ちは今でも色気があると思っているぐらいです。

f:id:NEOspriggans:20180728222358j:plain

彼らの初期3作はメロコアシーンにおいても突出したクオリティを誇っておりまして、Bad ReligionやNOFX好きのパンクス達においても、特に印象深いバンドだったのではないかと思います。

代表曲「Disconnected」のように、パンクバンドらしからぬ美旋律なサビを、8ビートの疾走感に刻みで乗せていくという、男気あふれるストレートなアレンジが巷でも評価されておりました。

僕自身、コピーバンドでVocalとGuitarを担当して実際に演奏してみましたが、聴くのも、演奏するのも、どちらも気持ちの良いバンドサウンドです。

初期3作は最近になって再発もされておりますので、未聴のパンクロック好きは今からでもチェックして欲しいと思います。

Don't Turn Away

Don't Turn Away

 
BIG CHOICE/RE-ISSUE

BIG CHOICE/RE-ISSUE

 
FACE TO FACE/RE-ISSUE

FACE TO FACE/RE-ISSUE

 

ところがこのバンド、4作目の「Ignorance is Bliss」(1999年発表)から路線変更を試みます。

彼らの武器だった美旋律を前面に押し出し、ハードコアやパンクの荒々しい要素を一気に後退させたんですね。

これが旧来のファンからは相当に叩かれまして、ヤツらはメロコアの看板を外した裏切者とさえ囁かれる事態に。

僕は大学生ぐらいから音楽ジャンルに対してこだわりが消えていった人なので、自然に受け入れることが出来ましたが、このアルバム、旧来のファンの気持ちも十分理解出来る問題作であったことは確かです。

(ちなみに「エモ」という音楽用語はこの頃からよく耳にしました。)

例えばこの4作目「Ignorance is Bliss」収録のLostという曲ですが、ご試聴の通り、メロコアとは似ても似つかぬアレンジであることがお分かりかと思います。

繰り返しますが、僕はジャンルレスに「エモい」音楽性が大好きなので、この曲は普通に好きなんですけどね。

(このアルバムは曲順でも損していると思います。むしろそこが大きな原因かも?)

Ignorance Is Bliss

Ignorance Is Bliss

 

その後、メンバーチェンジを経たものの、バンドの方向性が定まらず、2004年に解散。

ところが2008年に再結成、、、というか中心人物Trever Keithのソロプロジェクトとしてスタートしたものが、結局Face to Faceという形になったという流れです。

最近は原点回帰をテーマに掲げているようでして、僕自身、懐かしさと新しさの入り混じった感覚で楽しみながら聴いております。

HOLD FAST: ACOUSTIC SESSIONS [LP] [Analog]

HOLD FAST: ACOUSTIC SESSIONS [LP] [Analog]

 

ということで、やっと本題。

彼らのキャリアでは初となる、アコースティックアルバムの紹介です。

2018年7月27日に発売したばかりの最新作ですが、これがめちゃくちゃ良いです!

特に、往年のFace to Faceファンは有無を言わさず集合お願いします!

最初にこの2曲を聴いてもらえたら説明不要かと思いますが、僕の大好きな「Blind」のアコースティックverも特筆すべき出来栄えです。

随所にカントリー風なアレンジもあり、牧歌的なエモさが彼らの哀愁感を際立たせていると思います。

彼らの演奏力とか歌唱力はもちろんですが、楽曲の良さを改めて確認出来るというのは、ファンにとってこれほど幸せなことはありません。

全曲すべて、こんなに素晴らしいアレンジが聴けるなら、本作のように10曲と言わず、彼らの初期作品全てアコースティックアレンジでリリースして欲しいぐらいです。

 

はっ!?

かつて一世風靡したメロコアバンドが、、、かつての名曲を、、、

アコースティックアレンジで、、、アルバムとして発売する、、、

そしてそれを、、、大人になったファンに、、、聴いてもらう、、、!?

 

世界のメロコア・パンク系レーベルの社長さん!

これはチャンスだと思いますよ!(たぶん

Hold Fast (Acoustic Sessions)

Hold Fast (Acoustic Sessions)

 
HOLD FAST: ACOUSTIC SESSIONS [LP] [Analog]

HOLD FAST: ACOUSTIC SESSIONS [LP] [Analog]