NEODEAD Official Blog

Cyberpunk DJ/Photographer, Galatea Production CEO

【Rock】レニクラ新譜「Raise Vibration」が想定外に素晴らしい!

レイズ・ヴァイブレーション

Lenny Kravitz「Raise Vibration」★★★★☆

レニクラにとって11作目となるアルバム「Raise Vibration」がリリースされました。

もうね、これめっちゃ良いです。

適度に脱力した感じもあって、尚更そのFunkyなノリが際立って素晴らしいんです。

 

特に「Low」の出来は凄いですよ。

M・ジャクソンのシャウトをサンプリングした話題曲でもありますが、歌詞や世界観、サビのコーラス、そしてギターのカッティング含めて、全てがパーフェクト。

僕的には、今年のBest Song of the Yearに内定しました。

PVをご覧の通り、今作もほとんどの楽器をレニクラ自身が担当しています。

デビュー当時からそうなんですけど、相変わらずの多才っぷりにシビれますね。

もはや20年に1人出るか出ないかの才能かと思います。

 

「Low」以外もアルバム収録曲は高品質なものばかり。

バラード系の「Here to Love」なんて秋の夜長にピッタリではないでしょうか。

同系統の「Ride」も爽やか路線で僕は大好き。

 

レニクラは現在54歳だけど、こういう牧歌的な雰囲気が似合うようになってきました。

昔みたいな派手さはないんですけど、渋みというか、大人の凄みのようなものを感じます。

 

強いて言えば、退屈な曲はとことん退屈なのも彼らしいところ。

そこを愛嬌と捉えるかどうかで本作の評価は分かれそうです。

とにもかくにも、近いうちにまた日本に来て欲しいですね!

レイズ・ヴァイブレーション

レイズ・ヴァイブレーション

  • アーティスト: レニー・クラヴィッツ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2018/09/07
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る