NEODEAD .COM

DJ/イベントプロデューサー、NEODEAD公式レビューブログ

【Hard Rock】デビューするのが遅すぎたLAメタル系HRバンド、Lostboysについて【隠れた名バンド#014】

Lostboys 歴史の波間に埋もれたマイナー系バンドを発掘する企画、14回目。 今回はLA出身のハードロックバンド、Lostboysをピックアップ。 1990年に「Lost And Found」というアルバムをリリース後、解散。 短命でしたが、アルバム自体は良い出来でした。 ブリ…

【Hard Rock】クリスチャン・ハードロックとしてその名を馳せる、Holy Soldierについて【隠れた名バンド#013】

Holy Soldier 歴史の波間に埋もれたマイナー系バンドを発掘する企画、13回目。 今回はアメリカ出身のハードロックバンド、Holy Soldierをピックアップ。 1985年に結成、1997年に解散。 その間に3枚のアルバムをリリースしていますが、お勧めは1stです。 カリ…

【Dream Pop】ニュージーランド産ドリームポップ、Yumi Zoumaが待望の3rdアルバム「Truth or Consequences」を発表!

Yumi Zouma「Truth or Consequences」★★★★★ 2014年のデビュー以来、Yumi Zoumaは幾度のメンバーチェンジを経て、現在は4人組。 しかしメンバーはそれぞれ別の国に住んでいる事情もあって、楽曲制作はPCとwebを使って行っているそうです。 果てしなく現代的で…

【Post Metal】サンクトペテルブルクの新星、Olhavaの2ndアルバム「Ladoga」はSaorやAlcestファンを虜にする!

Olhava「Ladoga」★★★★☆ 記事タイトルにはPost Metalというジャンルを表示しましたが、正確にはBlackgazeです。 これはブラックメタルとシューゲイザーを組み合わせた造語で、2000年代以降に生まれた比較的新しいジャンル。 僕はメタル好きでシューゲイザー好…

【Indie Rock】ナッシュビル出身、Coinが待望の3rdアルバム「Dreamland」を発表!

Coin「Dreamland」★★★★★ 昨年のサマソニでも来日しているナッシュビルの3人組、Coinが新作を発表。 Foster The PeopleとWalk The Moonを足して2で割ったような、絶妙なインディーズ感が人気のバンドです。 まずはMVからどうぞ。 一聴して、一皮むけた感がビ…

【Hard Rock】カナディアン・ハードロックの超ベテラン、Killer Dwarfsについて【隠れた名バンド#012】

Killer Dwarfs 歴史の波間に埋もれたマイナー系バンドを発掘する企画、12回目。 今回はカナダ出身のハードロックバンド、Killer Dwarfsをピックアップ。 1981年から活動を開始。 1997年には活動を停止。 その間に5枚のアルバムをリリース。 僕は1990年にリリ…

【Hard Rock】デンマークの至宝、Dizzy Mizz Lizzyの新作「Alter Echo」はオルタナの地平線を再定義した大傑作!

Dizzy Mizz Lizzy「Alter Echo」★★★★★ 2016年に再始動したデンマークの超絶トリオバンド、Dizzy Mizz Lizzy。 復活後としては2作目となる「Alter Echo」がリリースされました。 Dizzy Mizz Lizzyは僕のライブラリーの中でも最上位に位置するお気に入りバンド…

【Power Metal】絵に描いたようなアイアンメイデン、Liege Lordについて【隠れた名バンド#011】

Liege Lord 歴史の波間に埋もれたマイナー系バンドを発掘する企画、11回目。 今回はコネチカット州出身のUSパワメタバンド、Liege Lordをピックアップ。 1985年に「Freedom's Rise」でデビュー。 その後「Burn To My Touch」と「Master Control」をリリース…

【Techno】アイスランドのダブテクノ・マスター、Yagya先生が早くも新作「Old Dreams and Memories」を発表!

Yagya「Old Dreams and Memories」★★★★★ 昨年リリースした「Stormur」は当ブログでも絶賛させて頂きましたが、早くも新作が到着しました。 Yagya先生、ペース速いですね。 あんまり期待せずに試聴開始したら、これがまた根こそぎ素晴らしくてびっくりです。 …

【Punk】カナディアン・パンクロックの超ベテラン、D.O.A.について【隠れた名バンド#010】

D.O.A. 歴史の波間に埋もれたマイナー系バンドを発掘する企画、10回目。 今回はカナダ出身のパンクバンド、D.O.A.をピックアップ。 同名のバンドが日本にもありますが、こちらは1978年結成のベテランです。 だから歴史の波間に埋もれてるわけではないですね…

【Death Core】Periphery以来の衝撃!凄いヤツらが現れた!Viscera(直訳:内臓、はらわた)のデビューアルバム「Obsidian」を大解剖!

Viscera「Obsidian」★★★★★ 令和になっても、デスコアの勢いは留まるところを知りません。 特にテクニカルなDjentとの融合がここ数年のトレンドなのでしょうか、ある意味でプログレッシブ的な世界観には思わず聴き惚れてしまいます。 まずはMVからどうぞ。 切…

【German Metal】これぞ正統派ジャーマンメタルのあるべき姿、Scannerについて【隠れた名バンド#009】

Scanner 歴史の波間に埋もれたマイナー系バンドを発掘する企画、9回目。 今回はジャーマンメタルの正統派、Scannerをピックアップ。 日本デビュー作となった2ndアルバム「Terminal Earth」(1989年発表)は隠れた名盤としても有名ですね。 特に9分を超える大…

【Hard Rock/Symphonic Metal】2020年、期待の新人!?Allen/Olzonがデビューアルバム「Worlds Apart」を発表!

Allen/Olzon「Worlds Apart」★★★★★ 2020年、最強の新人がデビューしちゃました! 早速、ラインナップをご紹介します。 Russell Allen(Vo):現Symphony X Anette Olzon(Vo):元Nightwish Magnus Karlsson(Gu、Ba、Key):現Primal Fear Anders Köllerfor…

【Hard Rock】これぞ正統派ハードロックのあるべき姿、Marshall Lawについて【隠れた名バンド#008】

Marshall Law 歴史の波間に埋もれたマイナー系バンドを発掘する企画、8回目。 今回はUK出身で正統派ハードロックを体現したMarshall Lawをピックアップ。 1987年に結成、2年後の1989年にリリースした1stデビューアルバム「Marshall Law」がHR/HM界隈でも絶賛…

【Hard Rock】LAメタル界の一発屋、Beau Nastyについて【隠れた名バンド#007】

Beau Nasty 歴史の波間に埋もれたマイナー系バンドを発掘する企画、7回目。 今回はLAメタル界隈でも一発屋としてその名を馳せる、Beau Nastyです。 いや、一発屋というのは褒めすぎなのかもしれません。 それほどヒットもせず、シーンに埋没しちゃったわけで…

【書評】2020年2月の読書記録まとめ【6冊】

2020年2月の読書記録。 今月は読書量が大幅に減ってしまいました。 恐らく原因はブログでのアウトプット量が増えたせいですね。 2月は13本の記事を書いていますが、今年からは、今まで以上に読まれた方が満足してもらえるよう、内容をよく精査するようにして…

【日記】今すぐにでも、ライブハウスやクラブは臨時休業を検討してください。【新型肺炎】

新型肺炎におきましては、すでに各種報道にもある通り、ここ1~2週間が勝負という認識が専門家から示されており、市井の我々もその脅威をじわじわと感じているところでございます。 何よりも国の根幹となる子供たちに対して、まずもって休校を要請したことに…

【Hard Rock】オジーの10年ぶりとなる新作「Ordinary Man」が近年まれにみる傑作に仕上がっていた件!【Ozzy Osbourne】

Ozzy Osborne「Ordinary Man」★★★★★ 突然ですが、皆さんは音楽を聴く意味って何だと思いますか。 当然ながら「感情のマネージメント」にあると思います。 巷ではストレス解消とか、気分転換とか、言い方はいろいろありますが、要するに自身の感情を音楽によ…

【Hardcore】ブラジル最強のハードコアバンド、Ratos de Porão(ハトス・ヂ・ポラォン)について【隠れた名バンド#006】

Ratos de Porão 歴史の波間に埋もれたマイナー系バンドを発掘する企画、6回目。 いやいや、歴史の波間になんて埋もれてねーよ、っていう批判を浴びながらも、HR/HMビギナー含め、浅く広く音楽を好む方のためにも、この企画は続けていこうと思っています。 今…

【Thrash Metal】ポーランドが生んだ奇天烈系オルタナティブ・スラッシャー、Wolf Spiderについて【隠れた名バンド#005】

Wolf Spider 歴史の波間に埋もれたマイナー系バンドを発掘する企画、5回目。 今回はポーランドから生まれた突然変異系スラッシャー、Wolf Spiderを紹介します。 活動期間については、まずWilczy Pająkという名前で1985年頃から開始し、1988年にWolf Spiderに…

【TPS】このろくでもない素晴らしき世界。Days Gone レビュー【PS4】

私事ですが、最近はなかなかゲームクリアまで到達することがありません。 昔は実績解除の為に、それこそ生きるか死ぬかという気概を持ちつつ、夜な夜な攻略に勤しんだものですが、そんな気力や体力はとうに尽き果ててしまいました。 FPSのオンラインマルチな…

【Hard Rock】バッドボーイズ系ハードロックを体現したHericane Aliceについて【隠れた名バンド#004】

Hericane Alice 歴史の波間に埋もれたマイナー系バンドを発掘する企画、4回目。 今回はアメリカのミネソタ州出身、Hericane Aliceを取り上げてみます。 1990年にデビューアルバム「Tear The House Down」を発表したものの、その後はレーベルとの契約も切られ…

【日記】地方における音楽文化の衰退を考える。古今東西の音楽リスナーの皆々様、ぜひ音楽マニアになってください。

タワレコの撤退がもたらしたもの 音楽マニアの不在 地方の苦境 音楽文化復興の鍵 音楽の本質 タワレコの撤退がもたらしたもの 今に始まったことではありませんが、地方と都市部を比較した時、音楽リテラシーの差は加速度的に広がる一方です。 音楽聴取スタイ…

【Thrash Metal】メタルにNYハードコア成分をまぶしたGothic Slamについて【隠れた名バンド#003】

Gothic Slam 歴史の波間に埋もれたマイナー系バンドを発掘する企画、3回目。 今回はアメリカ東海岸出身のGothic Slamに光を当ててみたいと思います。 彼らは1987年に結成してから、1993年頃まで活動していました。 USスラッシュメタルに詳しい方じゃないと、…

出演キャンセルとなりました→【告知】今月末(2/29)は「Trance Advance @福岡」にDJとして出演します!

【2020.02.28.更新】 2/29に開催される「Trance Advance」におきまして、NEODEADとして出演予定でしたが、諸事情により出演キャンセルとなりました。 楽しみにしていた方には誠に申し訳ありません。 イベント自体は通常通り開催されますので、よろしくお願い…

【BEST 100】2010年代に発表されたロック、パンク、メタル、ポップス、エレクトロの名作まとめ。音楽ブログ管理人がグっときた100枚を大公開。【2010-2019】

2019年の総括記事を書いておりましたが、どうせなら2010年代をまとめた方が面白いと思いまして、無謀にもお気に入りの100枚を選んでみました。 ジャンルは固定せず、順位も個人的な主観で並べています。 どれも素晴らしい傑作ばかりですので、例えば50位と10…

【Punk Rock】デトロイト・ロック・シティ出身の4人組、Junk Monkeysについて【隠れた名バンド#002】

Junk Monkeys さて、歴史の波間に埋もれたマイナー系バンドを発掘する「隠れた名バンド」企画ですが、今回はUS出身のJunk Monkeysを取り上げたいと思います。 デビューアルバム「Firehouse」のリリースが1987年、僕が好きな2ndアルバム「Soul Cakes」が1989…

【Hard Rock】Treatの元メンバーが立ち上げたメロハー5人組、Daltonについて【隠れた名バンド#001】

Dalton メジャーなバンド作品の陰で歴史に埋もれていた傑作を紹介する「隠れた名盤」シリーズ、っていう企画をはじめてみます。 個人的に名盤の定義が曖昧だったので、歴史の波間に埋もれたマイナー系バンドを発掘する企画にしたいと思います。 タグも隠れた…

【Synthwave】Essengerから放たれたシンセウェイヴの矢は、大きな弧を描いてEDMシーンに突き刺さる可能性。1stアルバム「After Dark」レビュー

Essenger「After Dark」★★★★★ 2020年2月7日、Essengerがデビューアルバムを発表しました。 すでに当ブログでは、注目すべきアーティストとして紹介済みです。 ・一見してサイバーパンクカルチャーをベースにしておりますが、その音楽性はSynthwaveのみならず…

【日記】寝た子を起こした富士フィルムの広告炎上事件。その先にある表現の萎縮は避けられるべき。

富士フィルムが新商品のプロモーションで大失敗。 いや、大成功とも言えるのかな? 少なくとも議論を巻き起こしたという意味では成功と言えるのかもしれない。 ・富士フイルムが公開した公式プロモーション動画は、『FUJIFILM X100V』を使った自分の写真の撮…