NEODEAD.COM

CYBERPUNK PRODUCER

【映画】果たして、人は過ちを繰り返すのか「帰ってきたヒトラー」【ネタバレ感想】

f:id:NEOspriggans:20181207224219j:plain

「帰ってきたヒトラー」(2015年)★★★★☆

僕の好きなゲーム「Fallout」では念仏のように聞かされるセリフがあります。

「人は過ちを繰り返す」

この映画も根底にあるのはその思想。

Fallout 4: Game of the Year Edition 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

Fallout 4: Game of the Year Edition 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

 

そしてヨーロッパ、特にドイツにおける移民問題にフォーカスしているので、かなり現実味のある内容になってますね。

もちろんヒトラーは本国でもタブー的な扱いでしょうし、それをゲリラ的な撮影で演出するシーンもあって、なかなかドキュメンタリーっぽい見せ方が良かったです。

例えばそうした市民の声に「過去のドイツは酷いことをしたから、今は何も文句は言えない」という内容のものがあって、これは自虐史観とかいう話ではなく、心情的に妙に納得した部分もありました。

また、ヒトラーは民主的に選ばれた人間であるというところに、今のトランプ大統領の姿も重なりますし、果たして民主主義とはパーフェクトな社会システムなのか?という長年の疑問を明快に問いかけてくる映画でもあります。

テーマとしてはどうしても重くなってしまうものを、終始コメディタッチで描いていますので、こちらも笑いながら気軽に観ることが出来ました。

ただ、この軽妙なタッチが次第に不気味な印象をもたらしていく様子は、まるでホラー映画のようで、例えば「本当は怖いグリム童話」みたいな感じ。

現実から目を背けてはいけない、という製作者の意思も汲み取ることが出来ました。

元からドキュメンタリー好きなので、これは面白かったです。

(ヒアリング的にドイツ語が気になる人は吹替版で観ましょう。)