NEODEAD.COM

音楽や映画を中心としたレビューとNEODEAD活動報告ブログ

【映画】アラフィフ男が主役のクリスマス映画「グリンチ」【ネタバレ感想】

f:id:NEOspriggans:20181219211444j:plain

「グリンチ」(2018年)★★★★☆

劇場で観てきました。

いきなりネタバレしちゃいますが、53歳なんですね、グリンチ。

かなり孤独をこじらせちゃってて、何となく自分と重なる部分もあったりしたのですが、安直な展開とはいえ、終盤あたりは妙に泣けてきちゃいました。

内容としては薄いのかもしれません。

それでも笑いと泣きのバランスが良く、鑑賞後も爽快です。

要するに「気付き」の映画です。

大切なものに気付けば、皆幸せになれるんだという幸福論。

これが実写だと照れ臭いところを、3DCGアニメで見せられる説得力。

僕は好きですね、こういう映画。

季節柄、デート・ムービーにもピッタリです。

気付いたら僕も、ポップコーンとコーラ片手にゲラゲラ笑って鑑賞してました。

歳を取れば取るほど、こういう時間は貴重なんですよね。。。

グリンチ (小学館ジュニア文庫)

グリンチ (小学館ジュニア文庫)

 

ところで、グリンチって結局何者?狐狸妖怪の類いでしたっけ?

あ、それから吹替版はとても良かったです。

(大泉洋とロバート秋山の絡みは最高!)