NEODEAD.COM

音楽や映画を中心としたレビューとNEODEAD活動報告ブログ

【Techno】ダブとミニマルでテクノを最適化するYagyaの新作「Stormur」

Stormur

Yagya「Stormur」★★★★★

ダブ・テクノからミニマル、そしてアンビエントやエレクトロニカ界隈において、もはや説明不要のアーティスト、Yagya(ヤグヤ)が新譜をリリース。

2002年のデビュー以降、3~4年に1枚のペースでアルバムを発表し続けており、その全てにおいて高い評価を得るなど、ブレない世界観には定評があります。

特に初期作「Rhythm Of Snow」の衝撃は大きく、エレクトロニカ及びアンビエント方面では名盤としても有名です。

Rhythm of Snow

Rhythm of Snow

 

個人的に、2014年発表の「Sleepygirls」はとても印象に残っています。

元々がBrian EnoやKettelなど、アンビエント~エレクトロニカ系が大好物っていう僕の嗜好もありますが、こちらはアンビエント・テクノの新しい潮流としても、素晴らしい出来でした。

いかがでしょうか。

奥行きのあるミニマルなビートに、日本語Vocalの浮遊感が大変癖になります。

ちなみにVocalにクレジットされているのはNatsuko YanagimotoとHatis Noitの2人。

(ハチスノイトは皆さんご存知、夢中夢のVocalですね。)

Sleepygirls

Sleepygirls

 

また、このアルバムは全曲をContinuousにMixした仕様でもあり、DJ的にも、僕が好きなYagyaはこのスタイルなのです。

ミニマルでダビーなキックにウェットなシンセサウンドって、要するに日本だとHiroshi Watanabeさんとか好きな人にはたまらないサウンドだと思うんですね。

(得てして、ミニマルとはチルアウトでもあり得るわけです。ハイ。)

と、ここまで前置きが長くなってしまいましたが、つまり今回の新作をなぜこのブログで記事にしたかっていうと、まさに「Sleepygirls」を彷彿とさせる内容だったからです。

興味のある方は、早速音源をチェックして頂きたいと思います。

そして出来れば単体ではなく、アルバム1枚を1曲と捉えて聴いて頂くのが最良かと思われますので、とりあえずSpotifyのリンクを貼っておきますね。

反復を刻むテックなビートに、引き算思考で配置されたシンセサウンド。

本作はこのバランスが極めて良好な作品です。

個人的には「Sleepygirls」をさらにブラッシュアップした印象。

しかし、この掴みどころのなさと言葉に出来ない心地良さが、このジャンル、いやYagyaの最大の特徴ではないかと思います。

ぜひ、深夜にでも、まったりと聴いてみてください。

Have a nice trip!

Stormur

Stormur