NEODEAD .COM

DJ/イベントプロデューサー、NEODEAD公式レビューブログ

AQUARIUM

f:id:NEOspriggans:20190720203737j:plain

AQUARIUM

 

生き物をアートとして展示することに、およそ複雑な感情を抱きながらも、実際に見てみないことには始まらないので、とにかく現場に行ってみた。

 

場所は日本橋。

日本橋ってこんなにお洒落な街だった?っていうほど再開発が進んでて、ちょっとびっくり。

時の流れは早い。

 

そしてさらに驚いたのは、会場の入り口には行列が。。。

そりゃまあ、インスタ映えしそうな雰囲気ではあるけれど、カップル大杉問題。

デジイチおじさん勢としては非常に肩身が狭い。

 

そこは気を取り直して、展示の内容的には多種多様な形状の金魚鉢に、多種多様な金魚を泳がせて、そこにカラフルなライティングを当ててアートっぽく見せてる感じ。

アクアリウムっていうと、水草の生い茂る箱庭っていうイメージがあるけど、ここは「アートアクアリウム」っていうタイトルの割には、思った以上に金魚が主役だった。

 

なるほど。

 

確かに金魚という生き物を主役にすると、この飼育環境はちょっと良くないかも?っていうのは正直ある。

実際にエアレーションが不足しているような展示の仕方とか、明らかに弱っている個体も見かけたので、これって1日に何匹死んじゃうんだろう?とか思ってしまって、途中から何だか悲しくなってしまった。

 

他方、珍珠鱗や東錦など、珍しい品種の金魚を間近で鑑賞出来るのは、生態鑑賞という好奇心を満たす意味でも、それなりの価値があるとも言える。

この辺は動物園や水族館の存在意義とも重なる部分だけど、この「アートアクアリウム」はその名の通り、アートとして生き物を展示しているので、見る人によっては「悪趣味」という感想があっても不思議ではない。

 

芸術はその辺の線引きが非常に難しい。

いや、むしろ芸術とは常に相反する批評が成り立つものではなかったか。

 

写真撮影だけに話を限れば、一定のスキルを必要とする現場でもある。

照明は常に暗いし、金魚も常に動き回るので、明るい単焦点レンズは必須。

もちろんストロボは禁止なので、ISO感度をグイグイ上げて対応するしかない。

(ちなみに写真撮影に制限はない。ただ、動画の撮影は禁止となっている。)

 

僕は途中からあまり気分が乗らなくなってしまったので、撮影枚数は少なめ。

インスタ映えな写真は撮れてないけど、問題提起的なニュアンスは伝わって欲しいかも。

 

果たしてこれは芸術なのか、それとも?

 

 

アートアクアリウム × Nikon Z 6 

f:id:NEOspriggans:20190720214336j:plain

 

f:id:NEOspriggans:20190720214416j:plain

 

f:id:NEOspriggans:20190720214428j:plain

 

f:id:NEOspriggans:20190720214359j:plain
 

撮影地:日本橋・三井ホール(東京都)