NEODEAD.COM

音楽や映画を中心としたレビューとNEODEAD活動報告ブログ

【Indie Pop】カナダ産インディーポップ4人組バンド、Valleyのデビューアルバム「Maybe」が最高にエモい!

Maybe Side B

Valley「Maybe」★★★★★

ここ数年のインディーポップ界隈の賑やかな状況に改めて幸福を感じる今日この頃、カナダはトロント出身のValleyが待望のデビューアルバムを発表しました。

ただ、これをデビューアルバムと位置付けて良いのか、ちょっとよく分かりません。

作品を時系列でまとめてみます。

  • 2016年:「This Room Is White」1st EP
  • 2018年:「MAYBE - Side A」2nd EP
  • 2019年:「MAYBE - Side B」3rd EP
  • 2019年:「Maybe - Side C」4th EP or 1st Album

今回紹介する「Maybe - Side C」はSide AとSide Bの曲を全て収録しておりまして、そこに新曲を追加した形でリリースしています。

たぶんこれって、、、デビューアルバムですよね??

(Spotifyでは「Maybe - Side C」ではなく「Maybe」という表記になっています。)

今は情報が少ないので推測するしかないのですが、とにかく、作品そのものはエモ素晴らしすぎるクオリティなので、とりいそぎ、こちらでも紹介しておきます。

どれか1曲でも気になる曲があれば、ぜひアルバムをチェックしてみてください。

既存のバンドで言いますと、The 1975やLANY系と言えば分かりやすいでしょうか。

僕としては、1980年代のガレージバンドを彷彿とさせるような、レトロモダンでエモーショナルな作風がとても好印象でして、LANYはもちろん、この手のノスタルジック・フューチャー・サウンドは問答無用でコレクションしています。

LANY

実はこうしたインディー系のバンドはここ数年、世界各地から雨後の筍のように出現しておりまして、あまつさえムーブメントにさえなっているような気がします。

先日、素晴らしいEPを発表したThe Band CAMINOもその1つ。

The Band CAMINO

デビューアルバムが待ち遠しい、90'S KIDSもそう。

90'S KIDS

同じく、そろそろEPでも出して欲しい、Hardcastle。

Hardcastle

Hotel Apacheも個人的に期待しているバンドの1つです。

Hotel Apache

(きりがないのでこの辺にしておきます。)

その昔、UKでブリットポップのムーブメントがありましたが、それに近いようなことが、世界各地で同時多発しているような印象です。

これも音楽カルチャーのグローバル化がもたらした功罪なのでしょうか。

面白いのは1980年代~1990年代を起因とする音楽カルチャーが、今の若手にとても大きな影響を与えているという事実。

ここが昨今のインディーポップを面白くしている部分かもしれません。

思えば、HR/HMの世界でもノスタルジックかつフューチャーなサウンドが、それこそ世代を超えて支持されるようになってきました。

ジャンルは違えど、こうしたムーブメントの既視感はとても面白い現象ですので、今後とも注目していきたいと思います。

さて、本題のValleyの話に戻りますが、この記事も現時点で1200文字数を超えていますので簡潔に紹介したいと思います。

内容としては、冒頭でご説明した通り、過去作品のEPを基軸としていますので、すでに以前からチェック済みの方には新鮮味が薄いです。

また、曲順の構成もEPで発表した順番になっておりますので、アルバム全体の統一感を考えますと、若干引きが弱いかな、という印象。

それでも僕がFive Starの評価をつけているのは、楽曲の良さです。

例えば以下の5曲は突出した出来だと思っています。

  • 「There's Still A Light In The House」
  • 「Namedropper」
  • 「A Phone Call In Amsterdam」
  • 「Bailey」
  • 「Nowhere Fast」

アルバムでは上記楽曲が要所に配置されておりますので、飽きさせません。

実際のところ、僕がSpotify上で毎月選曲しているプレイリストの常連でもありますから、チルポップ好きのリスナーには安心してお勧め出来ます。

(毎月10曲を厳選して公開しているNEODEAD POP MIX、最近はこちらで記事化しておりませんが、毎月最終金曜日に更新しております。以下よりチェックしてみてください。)

ということで、恐らく、デビューアルバムの「Maybe」の紹介でした。

ツアーなども精力的に活動していますので、そのうち日本でもその姿が見られるかもしれません。

最新の情報は以下の公式webよりお願いいたします。