NEODEAD .COM

DJ/イベントプロデューサー、NEODEAD公式レビューブログ

SHADOW

f:id:NEOspriggans:20191001231541j:plain

SHADOW

 

過去の瞬間を捉えたものが写真であり、そこに未来の姿はない。

こうして切り取った曼殊沙華も、今やすっかり枯れてしまっているだろう。

しかしながら、当時の現場の湿度や温度、そして匂いまではなかなか伝わらない。

 

情報量の多い映像ならまだしも、果たして、写真には一体何の意味があるのかと、時折そんな疑問を抱えながら撮影している。

 

概して、過去の産物である写真は、過去の時間を追体験させてくれるものだ。

(だから人はそれを思い出や記録と呼ぶ。)

そこに表現力が加わると、鑑賞に耐えられる「作品」にもなる。

 

面白いのは、同じ場所、同じ時間であっても、撮る人が違えば写真の質感も異なる。

果たして長い経験があっても、そこには自分の知らない技術や構図があったりする。

 

従って、他人の作品を鑑賞することは、自己の相対化という大きな意味があると思う。

(相対化がもたらす功罪は、長くなるのでここでは言及しない。)

 

近年ではインスタ映えが定着し、瞬発的な美しさがイイネされているのは皆さんご存知の通り。

僕はそれも表現の1つであるし、昔から広告デザインに求められてきたものなので、俄かに批判することもない。

 

ただ、個人的には、表面的な美しさよりも、さらに奥行きのある世界観を表現したい。

この曼殊沙華も、光が当たる部分よりも、影に当たる脇役たちが主役ではないかと思った次第。

 

花の状態は悪く、小雨も降る中で撮影には苦労したけれど、こうして過去の瞬間を再び照らすことが出来るのは、カメラという現代機器のなせる業。

 

だから次も、その次も、僕はカメラを持って記録し、表現するだろう。

自分を相対化するために。

 

 

Amaryllidaceae × Nikon1 J5

f:id:NEOspriggans:20191001234803j:plain

 

Amaryllidaceae × Nikon Z 6

f:id:NEOspriggans:20190928211117j:plain

 

撮影地:七ツ森古墳群(大分県)