NEODEAD .COM

音楽、映画、ゲーム、ガジェットなどをレビュー。Produced by DJ NeO (NEODEAD)

【Power Metal】絵に描いたようなアイアンメイデン、Liege Lordについて【隠れた名バンド#011】

f:id:NEOspriggans:20200319220129j:plain

Liege Lord

 

歴史の波間に埋もれたマイナー系バンドを発掘する企画、11回目。

今回はコネチカット州出身のUSパワメタバンド、Liege Lordをピックアップ。

 

1985年に「Freedom's Rise」でデビュー。

その後「Burn To My Touch」と「Master Control」をリリース後は活動停止。

(2013年頃から活動再開している模様です。)

 

僕のお勧めは3作目の「Master Control」です。

Iron Maiden好きには、聴いた瞬間にBruce Dickinsonかと耳を疑うと思いますよ。

 

 

楽曲の構成や世界観はIron Maidenを彷彿とさせますが、本家よりもメタル臭が強いですね。

分かりやすいところで、Vicious RumorsみたいなPower Metalの骨格に近いと思います。

 

ネタばらしになるのか分かりませんが、本作のVocalはJoe Comeauです。

Overkillではギターを弾き、AnnihilatorではVocalを担当した才人。

彼の歌唱力のおかげもあって、本作「Master Control」はLiege Lordの最高傑作に仕上がっていると思います。

 

 

Burn to My Touch

Burn to My Touch

 
Master Control

Master Control