NEODEAD .COM

DJ/イベントプロデューサー、NEODEAD公式レビューブログ

【Electronica】The Maker & The Instrumentが体現したオーガニック系エレクトロニカの新世界。

Instrumental Songs Of Worship

The Maker & The Instrument「Instrumental Songs Of Worship」★★★★★

 

突然ですが、コロナ禍で心身ともに疲れていませんか?

音楽は手軽に内服できる治療薬です。

ぜひ今宵紹介するThe Maker & The Instrumentに癒されてみてはいかがでしょうか。

まずはYoutubeにもupされているPVをご覧頂きましょう。

 

 

古来よりDan Gibsonから活力を得ていた僕からすると、文句なしの世界観です。

各楽器のバランスも良く、ヘッドホンで聴けば耳福間違いなし。

歌詞をご覧の通り、もはや讃美歌レベル。

 

このThe Maker & The Instrumentは、Chris Tomlinというグラミー賞を受賞したこともあるシンガーソングライターと、Tommee Profittという同じくソングライターでプロデューサーでもある2人が組んだプロジェクトです。

せっかくなので、それぞれの作品をPVで確認しておきましょう。

 

Chris Tomlin

 

Tommee Profitt


クリスチャン成分たっぷりのChris Tomlinと、シネマティックな世界観を追求するTommee Profittの組み合わせはひとまず成功といったところでしょう。

The Maker & The Instrument、刺さる人には本当に突き刺さると思うんですよね。

楽曲によっては、Coldplayのような奥行きさえ感じますから。

 

 

 

ユーフォリックでありながらも、牧歌的な雰囲気さえ漂わせるところは、Bon Iverなどインディーフォーク好きの琴線に触れるかも分かりません。

従ってチルアウトやヒーリングというよりも、生音由来のオーガニック系エレクトロニカと言っても過言ではないです。

 

メロディアスですけど、後味サッパリな塩とんこつ系。

ぜひお試しください。

 

 

Instrumental Songs Of Worship

Instrumental Songs Of Worship

  • 発売日: 2019/10/04
  • メディア: MP3 ダウンロード