ПΣӨDΣΛD .com

現役Club DJが音楽を中心に様々なジャンルを勝手にレビューしていくブログ。Produced by NEODEAD

【まとめ】2021年版・現行大型バイクで重量の軽いバイク20選!【軽さは正義】

四輪も二輪も、大型になればなるほど重量増で取り回しが大変になりますが、そうした中でも比較的軽いバイクは存在します。

今回は装備重量200kg未満を前提に、現行の大型バイクを並べてみました。

例えば初心者や女性ライダーのバイク選びに、少しでも参考になれば幸いです。

(オフロード車除く。排気量別に装備重量が軽い順。)

 

401cc〜750cc部門

【YAMAHA】MT-07 (183kg)

f:id:NEOspriggans:20210127093700j:plain

国産大型バイクの中では最軽量。さすがのヤマハです。

 

【APRILIA】RS 660 (183kg)

f:id:NEOspriggans:20210127094113j:plain

驚異的な軽さを誇るパラレルツイン。

 

【YAMAHA】XSR700 (186kg)

f:id:NEOspriggans:20210127094311j:plain

MT-07の兄弟車。ネオレトロデザイン!

 

【KAWASAKI】 Z650 (187kg)

f:id:NEOspriggans:20210127094445j:plain

カワサキのストリートファイターモデル。

 

【TRIUMPH】STREET TRIPLE S (188kg)

f:id:NEOspriggans:20210127094852j:plain

トライアンフを代表する3気筒ストファイ!

 

【TRIUMPH】TRIDENT 660 (189kg)

f:id:NEOspriggans:20210127095035j:plain

デザインとコスパに優れたトライアンフの新型。

 

【HONDA】REBEL 500 (190kg)

f:id:NEOspriggans:20210127095219j:plain

日本で最も売れているレブルの471ccモデル。

 

【KAWASAKI】Ninja 650 (193kg)

f:id:NEOspriggans:20210127095448j:plain

カワサキのミドルカウル。当ブログ管理人も所有。

 

【HONDA】CBR600RR (194kg)

f:id:NEOspriggans:20210127095630j:plain

通称ロクダボ。ミドルクラスでは最速の噂。

 

【KAWASAKI】ZX-6R (197kg)

f:id:NEOspriggans:20210127103440j:plain

ロクダボと真っ向勝負。サーキットモデル。

 

【SUZUKI】SV650 / SV650X (197kg)

f:id:NEOspriggans:20210127095912j:plain

安定した人気を誇るスズキのスポーツネイキッド。

 

751~1000cc部門

【TRIUMPH】STREET TRIPLE RS (188kg)

f:id:NEOspriggans:20210127100336j:plain

クラス最軽量を誇るトライアンフの765ccストファイ。

 

【DUCATI】SCRAMBLER ICON (189kg)

f:id:NEOspriggans:20210127100532j:plain

映画でも有名になった空冷Lツイン!

【DUCATI】PANIGALE V4R (193kg)

f:id:NEOspriggans:20210127100713j:plain

カーボンファイバーを使ったアグレッシブなデザイン。

 

【YAMAHA】MT-09 (193kg)

f:id:NEOspriggans:20210127100856j:plain

現行モデルでヤマハを代表するストファイモデル。

 

【YAMAHA】XSR900 (195kg)

f:id:NEOspriggans:20210127101017j:plain

MT-09と同じく水冷直列3気筒エンジン!

 

【HONDA】CBR1000RR (196kg)

f:id:NEOspriggans:20210127101145j:plain

最高出力218psを誇るホンダのセンダボ!

 

【TRIUMPH】StreetTwin (198kg)

f:id:NEOspriggans:20210127101705j:plain

900cc水冷バーチカルツインモデル。

 

 1001cc以上部門

【TRIUMPH】Speed Triple RS (189kg)

f:id:NEOspriggans:20210412094432j:plain

1050ccの水冷4スト並列3気筒DOHCエンジン!

 

【APRILIA】RSV4 1100 FACTORY (199kg)

f:id:NEOspriggans:20210127101854j:plain

ブリスターカウルが特徴的なアプリリアを代表するマシン。

 

【DUCATI】STREETFIGHTER V4S (199kg)

f:id:NEOspriggans:20210127102108j:plain

パニガーレのエンジンを搭載した大型ストファイモデル。

 

まとめ

排気量が増えれば気筒数も増えますし、車重アップは避けられません。

そうした中でも素材や構成で軽量化を図り、トルクの向上や燃費改善、そして取り回しの良さを追求するメーカーの姿勢は、果たして工業製品としての完成度も高いです。

耐久性の問題はあると思いますが、トライアンフやドゥカティなどの輸入車は、軽量化の観点から見ても総じて好印象ですね。

もちろん国産メーカーにしても遜色はないので、今回紹介した以外の車種についても、また別の観点からまとめてみたいと思います。

それでは。