ПΣӨDΣΛD.com

アラフォーDJが音楽を中心に様々なジャンルを勝手にレビューしていくブログ。Produced by NEODEAD

【Synthwave】The Midnightが新作EP「Horror Show」で見せつけた王者のプライド【The Midnight】

Horror Show (Amazon Original)

The Midnight「Horror Show」★★★★★

 

当ブログでは高評価の常連でもある、The Midnightが突如EPを発表しました。

その名も「Horror Show」。

アートワークからも分かるように、ホラー映画をコンセプトにしている模様です。

 

何よりもまずは全曲を聴いてもらう以外に、この作品の良さを伝える術がありませんので、各種ストリーミングサービスなどで各自ご確認頂きたいと思います。

 

 

彼らをデビュー時から追いかけてきた人間からすると、この作品に漂うのは「いつものThe Midnight」に間違いはありません。

特に「Nocturnal」の世界観に近いですね。

あれは僕が最も好きな作品でもあるので、これでもかなりの興奮を抑えながら、この記事を書いているつもりです。

 

 

直近のアルバム作品「Monsters」では、彼らなりに様々なチャレンジを試みた痕跡があって、そのせいでシンセウェイブというよりは、広義のシンセポップ作品といった佇まいでした。

ところが、この新作EPでは再び「シンセウェイブの代表格」として、その威厳と尊厳を余すことなく見せつけてきた格好です。

 

 

これは昨今のインディーズ界隈で似たようなサウンドを標榜するアーティストが増えてきたことにも関係があるのでしょうか。

個人的には、ジャンルリーダーとしてのプライドみたいなものを感じてしまった次第です。

(新曲のPVが初のバンドスタイルで収録されているのも、極めて象徴的です。)

 

 

そもそも、1980年代ポップカルチャーの文脈で語られるべきシンセウェイブですが、現在はより進化と深化を遂げており、チャートミュージックにも総じて良い影響をもたらしていると思います。

例えば、、、フューチャーハウスで一世を風靡したDon Diabloなども、このカルチャーには急接近していますよね。

 

以前から申し上げている通り、過去の単純な焼き直しであれば、僕もここまで絶賛はしません。

旧世代のポップカルチャーを、現代の音楽機材とモダンなアレンジによって、独自の世界観をイノベーションしているところに、とても大きな魅力を感じております。

 

果たしてこの音楽は、単なる懐古主義者のコピー作品でしょうか?

その答えは、、、あえてここで言うまでもないですね。

2021年の上半期ベスト作品が早くも登場しました。

 

 

 

Horror Show (Amazon Original)

Horror Show (Amazon Original)

  • 発売日: 2020/10/16
  • メディア: MP3 ダウンロード