ПΣӨDΣΛD .com

現役Club DJが音楽を中心に様々なジャンルを勝手にレビューしていくブログ。Produced by NEODEAD

【FUJIFILM】フジノンレンズ XF23mmF2 R WR レビュー【単焦点】

f:id:NEOspriggans:20210401085552j:plain

FUJIFILM「フジノンレンズ XF23mmF2 R WR」★★★★★

 

2021年現在、富士フィルムのX-Pro3をメインに使っておりまして、すでにカメラのレビューは記事にしておりましたが、今後は各レンズのレビューをまとめていきます。

前置きとして、筆者はPENTAX(APS-C)~CANON(フルサイズ)~NIKON(フルサイズ)~FUJIFILM(APS-C)という流れで各マウントを渡り歩いており、デジイチ歴は15年ほどになります。

 

 

はじめに、評価のポイントとしては以下の5つに絞りたいと思います。

  1. 操作性
  2. 表現力
  3. 携帯性
  4. 機能性
  5. まとめ

それでは「XF23mmF2 R WR」のレビューです。

合わせて作例も掲載しています。

 

 

操作性

・FUJIFILM自体が独特な操作性であることを考慮しても、本レンズの操作性は至ってシンプル。

・絞りリングのクリック感も良く、コンパクトさもあって気軽に扱えるバランスに仕上がっています。

 

f:id:NEOspriggans:20210401114006j:plain

XF23mmF2 R WR F/5.6 ISO3200 1/25sec

 

表現力

・ボケを楽しむというよりはパンフォーカスな絵作りを得意とするレンズ。

・ある程度絞って、例えばF値5.6におけるキレ味などは最高です。

 

f:id:NEOspriggans:20210401115334j:plain

XF23mmF2 R WR F/5.6 ISO160 1/550sec

 

携帯性

・重量180gという軽さがスナップ撮影時の機動性を高めてくれます。

・小さくて軽いのでテーブルフォトでも気楽に使えます。

 

f:id:NEOspriggans:20210401115622j:plain

XF23mmF2 R WR F/5.6 ISO3200 1/60sec

 

機能性

・防塵防滴仕様なので山岳の風景撮影にも使用可能。

・特筆すべきはAFの速さで、XF35mmF1.4と比べると圧勝です。

 

f:id:NEOspriggans:20210401120050j:plain

XF23mmF2 R WR F/5.6 ISO160 1/1000sec

 

まとめ

端的に言うと、スナップシューターには鉄板とも言えるレンズです。

この画角では「XF23mmF1.4 R」もラインナップにありますが、あちらは300gという重量で防塵防滴の設計もされておりません。

従って、雨天の街頭撮影などでは若干の不安を残します。

 

特徴的なのは、やはり軽くて、小さくて、AFも速い、ということ。

気になる画質も、絞った時の中央付近の解像度、ヌケの良さが本当に素晴らしいです。

 

一方で、ポートレートなどボケ味を生かす絵作りには不満が残ります。

フルサイズを扱った後ですと、尚更ウイークポイントに見えてしまうでしょう。

従って、あくまでもAPS-Cにおけるスナップ最強レンズ、という評価が適正ではないかと思います。

 

f:id:NEOspriggans:20210401121342j:plain

XF23mmF2 R WR F/5.0 ISO160 1/1250sec

 

f:id:NEOspriggans:20210401120614j:plain

XF23mmF2 R WR F/5.6 ISO3200 1/25sec

 

f:id:NEOspriggans:20210401120446j:plain

XF23mmF2 R WR F/2.0 ISO160 1/550sec

 

総合評価:95点

 

FUJIFILM 単焦点広角レンズ XF23mmF2 R WR B ブラック

FUJIFILM 単焦点広角レンズ XF23mmF2 R WR B ブラック

  • 発売日: 2016/10/06
  • メディア: 付属品
 

 

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro3 DRシルバー FX-X-PRO3ーDS

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro3 DRシルバー FX-X-PRO3ーDS

  • 発売日: 2020/01/16
  • メディア: エレクトロニクス