ПΣӨDΣΛD .com

現役Club DJが音楽を中心に様々なジャンルを勝手にレビューしていくブログ。Produced by NEODEAD

【Hard Rock】Pretty Maidsのフロントマン、Ronnie Atkinsが初のソロアルバム「One Shot」をリリース!

One Shot

Ronnie Atkins「One Shot」★★★★★

 

デンマークを代表するHR/HMバンド、Pretty Maidsのフロントマン、Ronnie Atkinsが何と初のソロアルバムを発表しました。

芸歴、いや音楽歴40年の大ベテランがですよ、初のソロ作品というわけですからこちらも驚きを隠せません。

ひとまず、MVからチェックしていきましょう。

 

 

 

メロディアスなロックなのに骨太っていう、男気あふれるサウンドです。

これは往年のPretty Maidsファンも必聴でしょう。

 

実は昨年、Ronnie Atkinsは自身が癌であることを公表しました。

再発で、しかも「ステージ4」だったということで、界隈にも大きな衝撃を与えたところです。

 

そうした中でもアーティストとしてのクリエイティブな姿勢を崩さず、むしろコロナ禍という閉塞的な状況にあっても、本作品の完成に漕ぎ着けたことは驚異的です。

 

MVにもある通り、少し痩せてしまったかなと思いきや、歌唱力には何の陰りもなく、むしろ楽曲の良さも相まって、いぶし銀以上のベテランの凄みを見せつけてくれました。

これぞハードロックの真髄とも言うべき、北欧由来の演歌的な世界観だと思います。

 

 

参加しているゲストミュージシャンも豪華です。

Pretty Maidsの新旧メンバーはもちろん、元EuropeのKee Marcelloや元At VanceのOliver Hartmann、元The Poodles~現King DiamondのOliver Hartmann、SoilworkのリーダーBjörn Stridまで、それはもう全員集合といった感じ。

 

しかもプロデューサーはJacob Hansenです。

VolbeatやAmaranthe、そして僕が最も敬愛するDizzy Mizz Lizzyの作品をプロデュースしている才人なのであります。

つまり、駄作になる要素が1つもないのですよ。

 

 

繰り返しますが、本作は全編に渡ってメロディアスで骨太なハードロックサウンド。

Pretty Maids的なスピーディでヘヴィネスなアレンジは抑え気味です。

だからこそ、ソロとしてリリースする意味と意義があったと思いますが、ぜひこれを励みに、病にも打ち勝って欲しいと思います。

 

そもそもPretty Maidsは僕が10代の頃に「Please Don't Leave Me」をカバーしてくれて、拙者のJohn Sykes信仰を加速させてくれた恩人でもあります。

ぜひまた、バンドとしてメロウ&ヘヴィな作品をファンに聴かせて欲しいですね。

 

f:id:NEOspriggans:20210417203713j:plain

 

 

ワン・ショット (日本盤)

ワン・ショット (日本盤)

  • Ronnie Atkins
  • ハードロック
  • ¥1375